名称 鹿島藤津地区医師会立看護高等専修学校


所在地 〒849-1311 佐賀県鹿島市大字高津原813番地


設置主体 一般社団法人鹿島藤津地区医師会


教育理念
人々の生命の尊厳と人格の尊重を基盤とした豊かな人間性を保持し、地域における医療福祉のニーズに対応できる准看護師を育成する。

「豊かな人間性」とは以下の内容をさす。
◎生きることに感謝する気持ちをもてる
◎人の意見を素直に聴ける
◎自分の行動に責任がもてる
◎協調性がある
◎礼儀正しく、笑顔で人と接することができる
◎法やきまりを遵守することができる
◎思いやりの心をもち、人の立場に立った言動ができる
◎人と平等に接することができる
◎自己洞察が正しくでき、自己の課題を乗り越えようと努力できる
◎感情表現が素直にできる
◎うそ偽りがない


教育目的
その人個人の人格を尊重できる人間性を保持し、医師、歯科医師、看護師の指示のもとに、療養上の世話や診療の補助を、対象者の安楽を配慮し安全に実施し、地域社会に貢献できる准看護師としての基礎的能力を養う。


教育目標
看護の対象となる人々の生命の大切さを知り、人権、人格を尊重することができる。
看護の対象となる人々に誠実に対応し、信頼関係を築く能力を育むことができる。
看護の対象となる人々及び関係する人々の守秘義務を遵守し、個人情報の保護に努めることができる。
指示を受けて、安全・安楽を根幹に看護ができる基礎的知識・技術を修得することができる。
指示を受けて行動する准看護師の役割を自覚し、適時、適確に報告・連絡・相談することができる。
自己の成長が看護の質の向上につながることを理解し、研鑽していく姿勢を育むことができる。
地域社会の一員として、責任ある態度をとることができる。
医療福祉チームの一員である准看護師として、地域に貢献する役割があることを認識することができる。


卒業生の特性
看護の対象となる人々の生命を守り、人権・人格を尊重することができる。
看護の対象となる人々の守秘義務を遵守、誠実に対応し、信頼関係を築くことが出来る。
准看護師として指示を受けて、安全・安楽を根幹にした看護が実践できる。
准看護師の役割を認識し、適時、適確に報告・連絡・相談ができる。
看護を行う上で、自己成長していくことが必要であることを認識し、常に自己研鑽することができる。
医療福祉チームの一員として自覚し、地域に貢献することができる。


沿革
昭和37年12月27日
県内准看護師の著しき不足により医療遂行に甚だしく困難と苦労のあることを考慮し、学校教育法第83条による各種学校に準拠した准看護師養成所として発足したく認可申請する
昭和38年04月01日
保助看法第22条第2号に規定する養成所として指定さる(名称:鹿島藤津地区医師会附属准看護学院)
昭和51年04月01日
学校教育法第82条の8第2項の規定により鹿島藤津地区医師会立看護高等専修修学校(医療高等課程准看護科)として認可さる


昭和59年02月25日 校舎全面改築
平成02年04月01日 改正カリキュラムによる准看護師教育が実施さる
平成14年04月01日 改正カリキュラムによる准看護師教育が実施さる
平成28年03月   卒業生総数1,776名


受験資格 中学卒業(見込)以上の学歴を有するもの
生徒定員 80名 学年40名
修業年限 2年
出校日 原則として1年生週4日、2年生週2日
※臨地実習期間中は週5日
時間割 HR・・・8:45
1限目・・・09:10 - 10:00
2限目・・・10:10 - 11:00
3限目・・・11:10 - 12:00
4限目・・・13:00 - 14:30
5限目・・・14:40 - 16:10
掃除・・・16:10 - 16:20
HR・・・16:20 - 16:30
実習先 嬉野医療センター・友朋会嬉野温泉病院・織田病院・ゆうあいビレッジ
犬塚病院・市内保育所・村山小児科医院・志田病院・町立太良病院
駐車場 80台収容(無料)
奨学金制度 佐賀県高等学校育英資金
取得資格 准看護師試験の受験資格(准看護師資格取得者は
訪問介護職員養成研修1級課程の研修全科目を免除)
看護師課程の受験資格※武雄看護学校・伊万里看護学校への推薦枠が数名あります